新型コロナワクチン接種後の副反応について

2021/07/17

新型コロナワクチン接種後の副反応について

新型コロナワクチンの接種が進む中、産前産後の方への接種も増加し、そのために副反応に関して質問をお受けすることが増えております。

新型コロナワクチン後の一般的な副反応は、頭痛 発熱 倦怠感 注射部位の痛みなどで、ほとんどの場合は1~2日で軽快します。
必要時は解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを投与します。
事前処方も可能ですのでご希望の場合はご相談下さい。

また新型コロナワクチン接種後に健康異常がみられた場合はワクチン接種を受けた医療機関や市町村相談窓口にご相談下さい。

引き続き三密回避やマスク着用などの感染予防を徹底し無事出産されることを願っております。